体験・学びEducation

プログラム実施報告

おとな向け TADワークショップ(画家:藤森兼明さん)(9月16日~9月17日)

2017/10/01

人物を描く
開催日:平成29916日(土)、917日(日)
時間:9:3017:00(両日とも)
講師:藤森 兼明(ふじもり かねあき)さん
参加費:無料
場所:3階アトリエ
参加者:29人(事前申し込み)
内容:日本藝術院会員の洋画家、藤森兼明氏(砺波市庄川町出身)を講師にお招きし、本格的な絵画講座を開催。油絵、水彩、デッサンなど、画材は参加者それぞれ好きなものを使って、日本の洋画壇における人物画の第一人者である藤森氏の指導により、コスチュームモデルを描きました。

①アトリエ狭しと立ち並ぶイーゼル!
今回はTADアトリエの二室を使い、それぞれ一名ずつの着衣モデルを囲んで制作に取り組みました。約30名の参加者が、抽選で決まった位置に各自のイーゼルを立てると、アトリエ内はそれだけで緊張感に包まれます。20分ポーズが一日に10回。油絵に挑戦する人あり、何枚ものデッサンをする人もあり。モデルさんもとても魅力的な方が来てくださり、皆さんすばらしい集中力で、熱気にあふれる講座となりました。
 








②最高の講師を迎えた本格的な人物画講座

二日間にわたる、この絵画講座の講師をこころよく引き受けてくださったのは、富山県出身の洋画家、藤森兼明氏。日本藝術院会員で、日本の洋画壇では人物画の第一人者です。こんなすごい先生に親しく教えてもらえる機会など、そうそうあるものではないというわけで、皆さんの筆にもいっそう力が入ります。
  







③藤森先生のすごい技術に感嘆!

描き進めていく中で、講師の藤森先生から、参加者それぞれにいろいろなアドバイスをいただきます。言葉もさることながら、やっぱりお手本を見せてもらうのが一番。これだけの先生が描画されるようすをじかに見せていただけるなど、これは本当に貴重な機会!・・・というわけで、先生が描いておられると、その後ろには参加者が集まってきますが、皆が注視する中でもなんら動じることなく、先生の技術のなんと見事なこと!思わず感嘆の声をあげる人が続出していました。
   















④講評会も和やかに

一日目のポーズ終了後、そして二日目の講座の最後の二回、互いの作品を鑑賞し、藤森先生からのアドバイスを皆で聞く講評会を行いました。自作についてはもちろん、他の参加者へのアドバイスも、とても参考になります。上手に描くコツというよりも、参加者それぞれの個性に応じて、その人なりのよさを見つけ、それを活かすようなアドバイスを的確にされていたのが、とても印象に残りました。
   















⑤藤森先生、ありがとうございました!

参加者一同に藤森先生、そしてモデルさんも加わっていただき、最後に記念写真をぱちり!二日間、すごい集中力で熱心に制作に取り組んだ参加者の皆さんは、本当にいい笑顔です。今回はとても充実した講座を開催することができました。藤森先生、モデルさん、そして参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました!