展覧会・イベントExhibition & Event

ワークショップ

カラーバス 赤ちゃんのドローイングワークショップ

2018年5月20日(日)10:00~、13:00~、15:00~

富山県美術館 プロムナード第2弾 「カラーバス 赤ちゃんのドローイングワークショップ」                         ヘルシンキ在住のテキスタイルデザイナーである、島塚絵里さんを講師に迎えて、フィンランド発祥のVärikylpy(カラーバス)という赤ちゃんお絵描きワークショップを行います。離乳食を絵の具に見立て、赤ちゃんがキャンバスに描く、生まれて初めて色に馴染むアートプログラムです。                               

イベント情報

日時 2018年5月20日(日)10:00~、13:00~、15:00~
場所 環水公園内 富山県美術館 プロムナード *雨天時等は富山県美術館 3階アトリエ
対象 生後半年~1歳半前後の乳幼児(保護者同伴)
参加費 無料(定員:各回6組)*要申込み
備考
  • 申込方法:電話にて先着順(4月20日(金)午後15時以降) *お子様1名につき、保護者1名でお申込ください。
  • 申込み先連絡先:富山県美術館 プロムナードワークショップ カラーバス係/電話:076-431-2711
  • 受付場所は会場と同じになります(開始時間10分前にお越し下さい)
  • 持ち物:汚れてもよい動きやすい格好、タオル、着替え(お子様分+必要なら保護者も)
  • 離乳食を触るため、アレルギーの有無や種類を事前にご確認ください。
  • 美術館の駐車場(8:00~22:00)は限りがあり、土日祝日は混雑が予想されます。満車の場合は恐れ入りますが周辺駐車場をご利用下さい。また公共交通機関での来館もあわせてご検討下さい。

プロフィール

島塚 絵里(しまつか えり)(テキスタイルデザイナー)

フィンランド在住。13歳の夏にフィンランドにホームステイをして以来、すっかり人や自然に魅了され、2007年よりフィンランドに渡る。津田塾大学にて国際関係学を学び、東京や沖縄で英語教員を務める。2008年よりヘルシンキ芸術大学(現・アアルト大学)にてテキスタイルアートを専攻。2010年から2014年までマリメッコ社アートワークスタジオにてデザイナーとして勤務。現在は、国内外のブランドにデザインを提供。2015年より自身のレーベル、Pikku saari(ピックサーリ)(コッカ社)をプロデュース。2017年1月にオープンした宮古島のホテル、Locus(ローカス)のテキスタイルデザインを担当。2017年秋にVärikylpy(ヴァリクゥルプ)講師養成講座に参加し、認定書を取得。