展覧会・イベントExhibition & Event

ワークショップ

蓮沼執太「富山アンビエントをさがす」

2018年10月28日(日)16:30~17:10、17:20~18:00

プロムナードイベント第6弾 「富山アンビエント(*)をさがす」                      音楽家、アーティストとして活躍する蓮沼執太さんと、富山県美術館や環水公園を散歩しながら音や言葉を探すワークショップです。その後、館内で詩人の大崎清夏さんと共に、ワークショップでレコーディングした音を使ったパフォーマンスを開催します。(※アンビエント・・・周囲や環境の音楽)

イベント情報

内容 ①散歩フィールドレコーディング・ワークショップ:美術館1階受付付近に集合して散歩をしながら音や言葉を探し、蓮沼さんがその散歩の模様をレコーディングします。                                              ②音と言葉のセッション:ワークショップで集めた音と言葉が「音楽」となって、富山にまつわるお話の朗読とセッションを行います。【出演:蓮沼執太氏(音楽)、大崎清夏氏(朗読)】
日時 2018年10月28日(日)①16:30~17:10、②17:20~18:00
場所 集合場所:①散歩フィールドレコーディング・ワークショップ:1階 受付付近、②音と言葉のセッション:2階 ホワイエ
参加費 無料(①定員先着30名、要申込/②定員なし、申し込み不要)*②は、①のワークショップにご参加されなくてもご覧いただけます。時間内にお集まりください。
備考
  • ①散歩フィールドレコーディング・ワークショップはお電話にて、お名前、ご住所、電話番号をお伝えの上お申し込みください:富山県美術館 普及課 TEL 076-431-2711
  • 当日は富山マラソン2018開催のため、富山県美術館周辺において大規模交通規制(10:00~16:45)が実施されますので、自家用車でのご来館は極力お控えください。当館ウェブサイトに当日の美術館への行き方をご案内しております。http://tad-toyama.jp/news/5510

プロフィール

蓮沼 執太(はすぬま しゅうた)(音楽家、アーティスト)

1983年東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作をする。また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、彫刻、映像、インスタレーションを発表し、展覧会やプロジェクトを行う。

大崎 清夏(おおさき さやか)(詩人)

1982年神奈川生まれ。詩人。早稲田大学第一文学部卒。2011年、ユリイカの新人としてデビューし、第一詩集『地面』を刊行。2014年、第二詩集『指差すことができない』が第19回中原中也賞受賞。ダンサーや音楽家、美術家やバーのママなど、他ジャンルのアーティストとの共働による詩作やパフォーマンスを多く手がける。