体験・学びEducation

プログラム実施報告

「ピクトカードであそぼう」

2019/09/12

オープンラボ ゴールデンウィーク特別プログラム
ピクトカードであそぼう
実施日:2019年4月27日(土)~5月6日(月)/9日間実施
受付時間:10:00~11:30/14:00~15:30
活動時間:10:00~12:00/14:00~16:00
参加費:無料
場 所:ラボ(アトリエ内)
参加者数:392名 のべ812名(見守りや協力者を含む)
道 具:東京2020オリンピックスポーツピクトグラムのカード、富山県美術館ピクトグラムカード、ピクテル、えあわせカード
概 要:
企画展「わたしはどこにいる?道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」にちなみ、ピクトグラムをテーマとするカードゲームをゴールデンウィーク特別企画として実施しました。
ピクトグラムとは「絵文字」などの様に文字が無くても意味が伝わるマークやサインのことをいいます。このワークショップではその広がりや面白さについて、ゲームを通してより身近なものとして親しんでもらいました。

    活動のながれ

カードゲームは全部で4種類。
受付を済ませたら、参加者の希望するカードゲームが用意されたテーブルに向かい、ゲームスタート!
ちなみに難易度の目安として、各カードゲームには推奨年齢を表記してあります。ただし遊びたい気持ちがあれば特に制限はしません。



東京2020オリンピックスポーツピクトグラムカード
東京2020オリンピックスポーツピクトグラムとその種目名が表裏に描かれた円型のカード。
机上には種目の一覧表が用意されています。読み上げ役を決めてかるた遊びや、ぼうずめくりをして遊ぶことができます。
(推奨年齢:小学生以上)



富山県美術館ピクトグラムカード
富山県美術館で使用されているピクトグラムを手の平サイズのカードにしたもの。
机上にはテーブル大の館内マップがあり、ピクトグラムがある場所を考えながら置いてみたり、一覧表を見ながらかるた遊びをしたりすることができます。
(推奨年齢:子どもから大人まで)



ピクテル
半透明のカードに、人やのりものなどの様々なモチーフ、ピクトグラムが描かれたカード。
複数枚を重ね合わせたり並べたりすることで、別のイメージやオリジナルのストーリーを表現して遊ぶことができます。
※「ピクテル」は株式会社アークライト社製のカードを使用しました。
(推奨年齢:小学5年生以上)



えあわせカード
動物やのりもののイラストが半分に分かれて一組となったカード。
ペアとなるカードを探して組み合わせることで、ひとつずつ絵を完成させていきます。
(推奨年齢:1歳~)



ゴールデンウィークということもあり、期間中は県内外から幅広い年齢層の方で賑わいました。特にオリンピック競技のピクトグラムカードは話題性もあり、思わず白熱する家族の姿も。各カードゲームには予め簡単な遊び方を提案していましたが、参加者自ら独自の遊び方を発見する場合も多く、一見シンプルな道具立てながらも多様にひらかれたプログラムとなりました。