展覧会・イベントExhibition & Event

開催中のコレクション展

瀧口修造コレクション「瀧口修造と詩画集」

2020年4月23日(木) ~
2020年6月23日(火)  

瀧口修造が試みたオブジェや作品、瀧口修造の書斎に集まった、交流のあったアーティストから送られてきた作品や贈り物などを紹介します。

瀧口は、1950年代末頃からジャーナリスティックな評論を書くことに矛盾を感じるようになって以降、ごく親しいアーティストに宛てた短文や詩の執筆に専念するようになりました。特に1960年代半ば以降、詩画集の制作に数多く携わります。詩と絵画の間に「深い心理的な関係」を見る瀧口にとって、詩人として共同制作を行う詩画集は、アーティストたちと深い関係を結ぶためにも最適の形式であったのかもしれません。
今期の展示では、加納光於氏から寄贈頂いた詩画集『掌中破片』の原画をはじめ、瀧口が加納、ジョアン・ミロ、アントニ・タピエスと共作した詩画集を紹介します。

展覧会情報

会期 2020年4月23日(木)~2020年6月23日(火)
開館時間 9:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日 水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
観覧料 一般 : 300円(240円) ( )内は20名以上の団体料金
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料 ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
  • 70歳以上および大学生以下の方は、コレクション展が観覧無料
  • メンテナンスや展示替えの作業等のため臨時休館する場合があります。
  • 季節やイベント等に応じて、臨時開館や延長開館する場合があります。
場所 3階 展示室6
主催 富山県美術館