展覧会・イベントExhibition & Event

教育普及プログラム

やってみよう!どこでもオープンラボ vol.2
ニコニコポンポンをつくろう

2020年5月26日(火)配信

富山県美術館では、アトリエがお休みでも創作活動を楽しめる動画プログラム「やってみよう!どこでもオープンラボ」の配信を開始します。
これまで当館アトリエで企画してきた創作活動プログラム「オープンラボ」から、ご家庭でも創作活動が楽しめるプログラムを楽しく、わかりやすい動画で紹介。

第2弾は「ニコニコポンポンをつくろう」を配信します。
毛糸を巻いてできた丸いポンポンに、目や足をつけて、オリジナルの毛糸のマスコットをつくります。
できたマスコットは吊り下げて飾ることもできます。
グラフィックデザイナー・永井一正さんのポスター作品 ≪LIFE≫ をモチーフにしたマスコットです。
まず、毛糸のポンポンをつくり、紙でできたビョンビョンバネの脚と足の裏をつくった後に真ん丸目玉づくりの順でつくっていきます。
動画配信は5月26日(火)から行います。 動画を見て作ってみたら、ぜひ「#どこでもオープンラボ」をつけてSNS等へ投稿してくださいね!
配信はこちら(動画は約7分です)

イベント情報

内容 オープンラボとは、富山県美術館3階のアトリエ内のラボにて行われている、いつでも、だれでも、気軽に美術館で“つくる”を体験できるプログラムです。
平日、土日祝に関わらず、開館日にはほぼ毎日、企画展やコレクション展に合わせたワークショップを実施しています。子どもから大人までどなたでもご参加いただけます。
今まで行われたプログラムは、プログラム実施報告にてご覧いただけます。
日時 2020年5月26日(火)
場所 配信先:当館ホームページ、Facebook
対象 小学生以上
小学生未満は、保護者の方との制作を推奨。
備考 「どこでもオープンラボ!」は、毎月1回(3回シリーズ)の配信予定。次回は、6月末を予定しています。