展覧会・イベントExhibition & Event

開催中のコレクション展

瀧口修造コレクション 「瀧口修造の肖像 Part 4 荒川修作」

2022年1月13日(木)~4月末頃(予定)

昭森社から発行された雑誌『本の手帖』1969年8月号は瀧口修造を特集し、親交のあった詩人、芸術家が瀧口に関する文章を寄せました。瀧口自身もそれまでの来し方を振り返り「自筆年譜」を執筆しています。また、雑誌冒頭には、瀧口自身が「瀧口修造の肖像」をテーマに、10 名の芸術家に依頼して制作された作品が掲載されています。シリーズ「瀧口修造の肖像」では、この10 名の作家(合田佐和子、岡崎和郎、松澤宥、池田龍雄、赤瀬川原平、中西夏之、野中ユリ、荒川修作、加納光於、藤松博)に焦点を当てます。
今期のPart 4は、このシリーズの最後を飾る企画で、荒川修作を取り上げます。荒川修作は、美術作品―絵画やオブジェを制作するだけではなく、「天命反転」という独自の思考を追求し、岐阜の養老天命反転地などの建築プロジェクトを実現、「死なないための」思考実験を展開したアーティストとして知られています。芸術、哲学、科学の総合を目指し、ニューヨークを中心に国際的に活躍した荒川の原点には、瀧口修造の存在がありました。瀧口の旧蔵作品を通して、荒川と瀧口の交流や当時の時代背景をうかがえる機会とします。

展覧会情報

会期 2022年1月13日(木)~ 4月末頃(予定)
開館時間 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週水曜日、2月24日(木)、3月22日(火)
ただし、2月23日(水)は開館
観覧料 一般:300円(240円)
  • ( )内は20名以上の団体料金
  • コレクション展(展示室1)、デザインコレクション展(展示室5、6)共通チケットです。
  • 企画展入場当日に限り、企画展チケットにてご覧いただけます。
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
    ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
    ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)
    ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
  • 70歳以上および大学生以下の方は、コレクション展が観覧無料。
場所 富山県美術館3階 展示室6
主催 富山県美術館