展覧会・イベントExhibition & Event

開催中のコレクション展

瀧口修造コレクション 「ミロ展の余白に」

2022年7月28日(木)~11月15日(火)

瀧口修造は、1958年6月14日に開幕するヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表および審査員として5月25日に羽田を発ちました。これが瀧口の初渡欧となるのですが、ヴェネツィアの仕事を終えたあと8月にスペインを訪れ、アントニ・タピエス宅に滞在しダリを訪ねています。
また、残念ながらその時ジョアン・ミロが旅行中のため面会は叶いませんでしたが、1966年日本での初個展のために来日した際に瀧口は初めてミロと会いました。このように瀧口にとって、ミロ、ダリ、タピエスなど、スペインとりわけカタルーニャ州ゆかりの作家たちは、戦前から興味を抱いていた重要な存在です。
このたびの展示は、「ミロ展―日本を夢みて」の開催にちなんで、瀧口旧蔵のミロの展覧会ポスター、ミロやタピエスとの共著、ダリを訪ねた際にカダケスの海岸で拾った石や貝殻、ダリから貰ったジャスミンなど、瀧口の渡欧に関連した品をスペイン作家との交流を中心に資料を交えながら紹介します。

展覧会情報

会期 2022年7月28日(木)~11月15日(火)
開館時間 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週水曜日、9月20日(火)、10月11日(火)
観覧料 一般:300円(240円)
  • ( )内は20名以上の団体料金
  • コレクション展(展示室1)、デザインコレクション展(展示室5、6)共通チケットです。
  • 企画展入場当日に限り、企画展チケットにてご覧いただけます。
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
    ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
    ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)
    ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
  • 70歳以上および大学生以下の方は、コレクション展が観覧無料。
場所 富山県美術館3階 展示室6
主催 富山県美術館