展覧会・イベントExhibition & Event

トーク・セミナー

TADアート・レクチャー 「ゆれうごく具象と抽象―𠮷岡堅二《水禽屏風》をめぐって」
講師|大熊敏之氏

2022年12月3日(土) 14:00~

2階展示室1の「コレクション展Ⅲ期」(10/27-1/31)に、日本画家・𠮷岡堅二の代表作《水禽屏風》を展示しています。この作品は、1952年のヴェネチア・ビエンナーレ出品作品であり、戦後の日本画の動向を示す優作です。
本作の富山県美術館への寄贈・初公開を記念する本講演では、戦後の日本画について、世界、そして日本の視点からお話しいただきます。

イベント情報

日時 2022年12月3日(土) 14:00~ ※約90分 / 開場13:30~
場所 富山県美術館3階 ホール
対象 定員50名
参加費 無料
備考
  • 会場での飲食、講演会の録音・撮影等はできませんのでご了承ください。
  • ヒアリングループをご利用いただけます。ご希望の方は、会場の受付にてお伝えください。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止に関する留意事項
     ―館内やホール内では、マスクの着用、手指の消毒の徹底をお願いいたします。
     ―ホール入場の際には、非接触型体温計での検温にご協力ください。
     ―密集を避けるため、ホールでは前後両隣の間隔をあけて席を配置いたします。
     ―ホール内での会話は極力ご遠慮願います。

プロフィール

大熊敏之(おおくま・としゆき)(美術史家、日本大学芸術学部教授)

1959年生まれ。北海道立近代美術館、宮内庁三の丸尚蔵館で学芸員として勤務。1997年から約1年、アメリカ・スミソニアン研究機構の非常勤日本近代美術スーパーバイザーを務めた。富山大学大学院芸術文化学科教授を経て、現在、日本大学芸術学部教授。国内外の近現代美術、工芸・デザインに精通した研究を続ける。テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士としても広く知られる。