展覧会・イベントExhibition & Event

開催中の企画展

倉俣史朗のデザイン――記憶のなかの小宇宙

2024年2月17日(土)~4月7日(日)

倉俣史朗(1934-1991)は、没後30年以上を経た今なお、デザインの領域にとどまらない高い評価を受け、影響を与え続けているデザイナーです。アクリル、ガラスのほか、建築用金属素材も用いて、主に家具とインテリアを中心に、時に同時代の美術の影響を受けながら展開されたその仕事は、デザインや社会の状況への問いかけも含みながら、今もなお人々を魅了しています。
倉俣史朗の名を冠した展覧会としては、約10年ぶりの開催となる企画です。デザイナーとして独立する以前の20代の頃の仕事を紹介する資料から、56才で突然世を去るまでにデザインした家具やインテリアを、《ミス・ブランチ》(1988年)など当館所蔵の椅子7脚も織り交ぜながら、時代順に辿ります。また、晩年の倉俣が残した夢日記やイメージスケッチ、傍らに置いた蔵書やレコード、そして倉俣自身の言葉を通して、その内面や思考の背景など「倉俣史朗その人」を伝えることも試みます。
---------------
【オンラインチケット】

▼当日券は窓口でもご購入いただけます。
▼次の方は、オンラインでのチケット購入は不要です。当日直接美術館までお越しください。
※展覧会前売券をお持ちの方。
※友の会 会員証をお持ちの方。
※展覧会招待券または招待状封筒をお持ちの方。
※各種割引をご利用の方(当日、1階受付にて観覧券をご購入下さい)
※無料の方(高校生以下の方、各種手帳をお持ちの障がい者の方(付き添い1名含む)など)
※各種割引をご利用の方、無料の方はオンラインチケットの購入は不要です。

展覧会情報

会期 2024年2月17日(土)~4月7日(日)
開館時間 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週水曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日(木)
観覧料 一般:900円(700円)、大学生:450円(350円)、一般前売:700円
  • 高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
    ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
    ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
    ③各種手帳をお持ちの障がい者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1名につき1人まで無料)
  • 一般前売券の販売は12月17日(日)~2月16日(金)まで。
    【前売券販売所】富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ、e-tix(予定)
  • 企画展入場当日に限り、コレクション展もご覧いただけます。
  • 「リピーター割」や「クマ割」を実施中です。
    【リピーター割】
    当館の企画展有料観覧券、使用済み半券3枚をお持ちいただくと、招待券1枚と引き換えいたします。
    ・特典の対象となるのは「デザインあ展」の観覧券からです。(「金曜ロードショーとジブリ展」を除く。)
    ・前売券、団体券、あるいは同じ企画展の半券も有効です。
    ・招待券、あるいは一般券と大学生券の組み合わせは対象となりません。
    【クマ割】
    三沢厚彦さんのクマの彫刻にちなみ、クマのグッズや、クマの絵柄の入ったものを持参、もしくは着用された方への割引です。観覧料:一般900円→700円 大学生450円→350円
    ※詳しくは1F総合受付でお尋ねください。
  • 美術館の駐車場数は限りがあり、土日・祝日は混雑が予想されます。
    お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用いただくか、満車の際は恐れ入りますが周辺駐車場をご利用下さい。
場所 富山県美術館 展示室3、4
主催 富山県美術館、朝日新聞社、北日本新聞社、富山テレビ放送
▼特別協力:クラマタデザイン事務所
▼協賛:東洋ガスメーター、NiX JAPAN、前田薬品工業(五十音順)