展覧会・イベントExhibition & Event

コンサート・パフォーマンス

風景と食設計室 ホー「山のスープと小さなお菓子 ‐紙芝居で聞く富山の民話‐」

2018年11月11日(日)13:30~、14:30~

プロムナードイベント第7弾 「山のスープと小さなお菓子 ‐紙芝居で聞く富山の民話‐」                        高岡友美さんと、永森志希乃さんによるユニット「風景と食設計室 ホー」による富山の民話を題材にした紙芝居をプロムナードで開催します。当日、観覧者の皆様に、富山の山の食材を使い、お話に因んだ温かいスープとお菓子をご用意いたします。富山のおはなしを、聴いて、食べて、味わいましょう!

イベント情報

日時 2018年11月11日(日)13:30~、14:30~(1回目、2回目とも内容は同じです)
場所 集合場所:プロムナード *雨天時は富山県美術館1階に集合し、1階のエントランス前の軒下で実施します
参加費 無料(定員なし。ただし、スープやお菓子には限りがございます。なくなり次第終了します)

プロフィール

風景と食設計室 ホー(ふうけいとしょくせっけいしつ ほー)

高岡 友美(たかおか ともみ/1981年生まれ)と永森 志希乃(ながもり しきの/1980年生まれ)によるユニット。ランドスケープデザイン事務所勤務を経て、2012年3月より活動。「遠くの風景と、ひとさじのスープ。世界とわたしの手のひらは繋がっている」をコンセプトに、食を風景・文化・社会の切り口から捉え、その時その場所でしか体験できない食のインスタレーションを展開。