展覧会・イベントExhibition & Event

トーク・セミナー

TADアート・レクチャー:「わからないから始まる美術鑑賞」

2019年2月24日(日)14:00~(約90分)

「TAD アート・レクチャー」は、富山県美術館について、アーティスト、研究者など、さまざまな角度で作品の魅力に迫る機会を提供していきます。今まで知らなかった意外な事実や作品の見どころが深まる機会をお見逃しなく!

イベント情報

内容 美術や美術館で楽しく過ごすコツ、長続きするアートとの付き合い方などを、気さくな文体でSNSで人気の美術ブロガーのTak(タケ)こと、中村剛士氏にお話いただきます。当館の収蔵作品のことも話題に挙がる予定ですので、レクチャーの前にコレクション展をご覧いただくことをお勧めします。
日時 2019年2月24日(日)14:00~(約90分)
場所 3階 ホール
参加費 無料(定員100名/開場13時30分)*事前申し込み不要
備考
  • コレクション展・企画展の展示室に入室の場合は、観覧券が必要です。
  • ホールでは、飲食、録音・撮影などはできませんので、予めご了承ください。
  • 土日祝は、美術館の駐車場の混雑が予想されますので、お越しの際は是非、公共交通機関をご利用くださいますようお願いします。

プロフィール

中村 剛士(Tak〈タケ〉)(美術ブロガー )

1968年生まれ。Takの愛称でブログ「青い日記帳」を主宰する有名ブロガー。展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情報を毎日発信。ブログ黎明期である2003年頃からコツコツとひたすら毎日更新を続けて15年、継続してきた展覧会のレビューは5,000件以上。年間300~400の美術展に通い続けている。『美術展の手帖』(小学館)、『フェルメールへの招待』(朝日新聞出版社)の等の編集・執筆。2018年『いちばんやさしい美術鑑賞』(ちくま新書)が話題1冊となる。