展覧会・イベントExhibition & Event

ワークショップ

三沢厚彦によるワークショップ「樟(クスノキ)の端材で動物をつくってみよう」

2018年12月8日(土)13:30~16:00

三沢厚彦さんと一緒に楠(クスノキ)の端材で動物作りを挑戦します。                             

イベント情報

日時 2018年12月8日(土)13:30~16:00*受付は13:15~
場所 3階 アトリエ
対象 子ども向け(小学生以上)
参加費 無料(定員:15組30名/事前申込制、先着順)*ただし、当日有効の「三沢厚彦展」観覧券が必要です。
備考
  • 申し込み方法:ハガキもしくはファックスにて、ワークショップ名、お名前、ご住所、電話番号をご記入の上、富山県美術館「三沢厚彦係」までお申し込み下さい。ワークショップに参加できる方には、「ワークショップのご案内」を兼ねた「ハガキ」を郵送いたしますので、当日ご持参願います。*11月22日(木)消印有効
  • 申し込み、問合せ:富山県美術館「三沢厚彦係」                           〒930-0806 富山市木場町3-20 TEL 076-431-2711 / FAX 076-431-2712
  • イベント開催当日は館内駐車場の混雑が予想されますので、公共交通機関のご利用をお願いします。
関連展覧会 三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA

プロフィール

三沢 厚彦(みさわ あつひこ)(彫刻家)

1961年京都生まれ。1989年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。2000年動物の姿を等身大で彫った木彫「ANIMALS」シリーズを制作開始。同年より西村画廊(東京)で個展開催。2001年に第20回平櫛田中賞を受賞。2002年初の作品集「三沢厚彦 アニマルズ」(求龍堂)を刊行。2007年から「三沢厚彦 ANIMALS+」展が平塚市美術館を皮切りに全国5会場を巡回。その後も各地の美術館で個展を多数開催し好評を博す。近年の個展に、2013年に三重県立美術館、浜松市美術館、2014年高松市美術館、岩手県立美術館、周南市美術博物館、2015年高梁市成羽美術館、釧路市美術館、2016年大分市アートプラザ、2017年熊本市現代美術館、渋谷区立松濤美術館、2018年横須賀美術館など。今最も注目されている木彫作家の一人。近著に2013年の作品集『ANIMALS No.3』(求龍堂)、『動物の絵』(青幻舎)。