体験・学びEducation

プログラム実施報告

ねんどでいろいろ ポーズ・アニマルズ!

2018/12/25

土日祝日のオープンラボ
「ねんどでいろいろ ポーズ・アニマルズ!」
実施日:10月12日(土)~12月16日(日)の間の土日祝日/11日間実施
活動時間:10:00~12:00、14:00~16:00  参加費:無料
会 場:ラボ(アトリエ内)
制作者数:511人 総参加者数:973人
概 要:「三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA」展にちなみ、彫刻体験に親しむワークショップ。「座っている動物」、「踊っている動物」といったお題に沿ってポーズを決めた動物を、粘土を使って制作する。お題は週によって変わる。
道 具:ねんど板、色紙(写真撮影背景用)
材 料:ねんど

①案内













受付をしたら、まずはワークショップのながれについて説明を受けます。
ねんどを触る前にウェットティッシュで手を拭いたら、空いてる席に座って制作を始めます。

②制作









まずは、ねんどをよくこねます。ねんどが柔らかくなったら、作りたい形にしていきます。ヘラなどの道具は使わず、手だけで作っていきます。小さいお子さんは、ねんどをちぎるのにも一苦労。ご家族で協力しながら作品を作る姿も見られました。
携帯で動物の画像を見ながら作ったり、想像上の動物を作ったり。ポーズのお題から、いろんな物語を設定して制作する人も。大人から子どもまで楽しんで取り組まれていました。

③完成
作品が完成したら、ねんど板に作品を載せたまま写真撮影ブースに持っていきます。完成した作品は持ち帰りができません。今回は写真をお持ち帰り。美術館では記録用の写真を撮影し、お持ち帰り用は参加の方がお持ちの携帯やカメラで撮影します。
撮影ブースの背景は青と緑の2色から選べます。撮影する前に、何を作ったか、作るときの工夫、気に入っている部分などをお話してもらいました。

完成作品


 

 

 

 



















上左より、お題:座っているアニマルズ、お題:仲間といるアニマルズ、お題:仲間といるアニマルズ、中左より、お題:バンザイをするアニマルズ、お題:逆立ちをするアニマルズ、お題:寝るアニマルズ、左下、お題:決めポーズをするアニマルズ