展覧会・イベントExhibition & Event

教育普及プログラム

どこでもTADワークショップ 第二弾
蓮沼昌宏さん「つくろう!クルクルアニメーション」

2020年9月29日(火)配信

富山県美術館では、家庭でもアートを体感していただけるような、アーティストによる楽しい動画を配信します(全2回)。
第二弾となる今回は、蓮沼昌宏さんによる「つくろう!クルクルアニメーション」です。

身近な材料を使って、オリジナルアニメーション装置をつくろう!パラパラマンガ等の仕組みによるアニメーションを制作している蓮沼さんが、家庭でもつくれる装置をご紹介します。

配信はこちら(動画は11分です)

イベント情報

日時 2020年9月29日(火)
場所 YouTube「つくろう!クルクルアニメーション
対象 小学生以上(大人のかたと一緒に制作しましょう)
備考 どこでもTADワークショップ 第一弾 よしとさん「みかんちゃん
こちらも併せてご覧ください。

プロフィール

蓮沼昌宏(はすぬま まさひろ)(画家・記録写真家)

1981年東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科美術解剖学研究室博士課程修了。現在、愛知県を拠点に活動。イメージの自律性、夢の不思議さに関心を持ち、19世紀後半に考案された、パラパラ漫画(フリップ・ブック)の原理で絵が動く装置「キノーラ」によるアニメーションを中心に、写真、絵画を制作する。
近年の主な展覧会に、「第8回 新鋭作家展 あ、これ、ウチのことです。」(川口市立アートギャラリー・アトリア、埼玉、2019)、「21th DOMANI・明日展」(国立新美術館、東京、2019)、「瀬戸内国際芸術祭」(香川、岡山、2019/2016)など。
富山県美術館では、2019年度アーティスト@TAD招待アーティストとして、富山での滞在制作ならびに展示「物語の、準備に、備える」を行った。