展覧会・イベントExhibition & Event

TADギャラリー

アーティスト@TAD 2022 袴田京太朗「複製する(陰の彫刻)」

2023年3月18日(土)~5月28日(日)

アーティスト@TAD第6回となる今年は、彫刻家・袴田京太朗氏を迎えます。

「複製する」ことをテーマに、公開制作や展示を行います。富山県美術館コレクションの高さ40cmほどの小さな彫刻を3Dスキャンし、約10倍のサイズに巨大化する公開制作など、複製する行為を通して「本物/偽物とは何か」「彫刻とは何か」を問いかけます。

展示に先立ち、3月19日(日)~26日(日)当館2階ホワイエにて公開制作を行います。
また3月25日(土)はワークショップ「からだにことばをきざむ」を、4月頃には作品模写のワークショップを予定しています。

イベント情報

日時 2023年3月18日(土)~5月28日(日)
場所 富山県美術館1階 TADギャラリー
参加費 無料
備考
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止等のため、上記日程・内容が変更する場合があります。ご了承ください。
  • ワークショップ募集などの詳細は決まり次第、当館WEBにてご案内します。

プロフィール

袴田京太朗(はかまた・きょうたろう)(彫刻家)

1963年静岡県生まれ。1987年武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。1994年文化庁芸術家在外研修員として渡米。1996年五島記念文化賞美術新人賞受賞による海外研修としてチベット他に滞在。2012年第22回タカシマヤ美術賞受賞。静岡市美術館(2011年)、平塚市美術館(2014年)、カスヤの森現代美術館(2019年)、MA2ギャラリー(2012、2016年)などで個展を開催。武蔵野美術大学教授。
近年は「複製」をテーマに、既製品の一部にカラフルなアクリル板を重ね合わせた人型のシリーズを制作。彫刻の表面とその内部、本物と偽物の関係性を問う。