体験・学びEducation

プログラム実施報告

TAD キッズワークショップ

2017/06/01

笑顔の「ありがとう」ポスターをつくろう!
開催日:平成2953日(祝・水) 
時 間:10:0012:0013:0016:00
講 師:新村則人(しんむら・のりと)さん 
カメラマン:室澤敏晴(むろさわ・としはる)さん
参加者:小・中学生16名(事前申し込み)  のべ人数:35名(保護者等を含む)
内 容:現在活躍中のデザイナーをお招きして、ポスターの魅力や楽しみ方を教えてもらい、真ん中に穴のあいた大きな紙に、大切な人へのメッセージや絵を描き、感謝の気持ちをポスターにしました。制作後、作品の中から顔を出して撮影し、オリジナルポスターを完成させました。

①人物研究(モチーフ探し)
今年度はじめてのキッズワークショップを、アトリエで実施しました。
はじめに、講師の新村さんから、制作手順の説明です。
    

 

 

 



今回のポスターを贈る相手を決め、相手の好きなもの、好きな色などを思い浮かべながら、それらを言葉に書き出して「人物研究」を進めます。

②ポスターの制作(構想をねる、下書き、感謝の文字等の色塗り など)
次は、書き出した言葉をもとに、スケッチブックや白い紙に小下絵を描いてみます。
大体の構想が固まってきたら、本紙の穴のあいた大きな紙に下書きします。
中央の円をうまく活かした、アイデアの光るポスターも多く見られました。
絵の具やクレヨンなどを使って色を塗ったり、折り紙をはったり、感謝の文字をきれいに塗るコツを新村さんから教えてもらいながら、それぞれ世界にひとつしかない笑顔の「ありがとう」ポスターを制作しました。

 

 

 

 

 

③撮影会
出来上がった子どもから順に、顔の後ろにセットするバック紙を選んで、プロカメラマンによる撮影です。
最初は緊張していた子どもたちも、いい表情でパシャリ、ステキなオリジナルポスターを完成させました!

④みんなで合評会
撮影が終わったら、アトリエの壁にポスターを展示し、楽しい合評会です。
新村さんは、それぞれのポスターに込められた「ありがとう」のメッセージを子どもたちからきいた後、1点1点丁寧に、すごくいいところ、工夫が見られるところなどをお話してくれました。

⑤完成したポスター
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


⑥特別ポスター
それから、自己紹介の際に新村さんが、2日後の5月5日「子どもの日」がお誕生日と話されていたので、早く描けた子どもたちが、新村さんへのサプライズ「ありがとう」ポスターを描いてくれました。

この新村さんへのサプライズポスターを含め、完成した作品は、同じ大きさのパネルにはってポスターにして、美術館内や中央通り商店街などで展示する予定です(詳細は当館HPでお知らせします)。
ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。