展覧会・イベントExhibition & Event

開催中の企画展

民藝 MINGEI―美は暮らしのなかにある

2024年7月13日(土)~9月23日(月・休)

約100年前に思想家・柳宗悦が説いた民衆的工藝、「民藝」。日々の生活のなかにある美を慈しみ、素材や作り手に思いを寄せる、この「民藝」のコンセプトはいま改めて必要とされ、私たちの暮らしに身近なものとなりつつあります。
本展では、民藝について「衣・食・住」をテーマにひも解き、暮らしで用いられてきた美しい民藝の品々約150件を展示します。また、いまに続く民藝の産地を訪ね、そこで働く作り手と、受け継がれている手仕事も紹介します。さらに、一昨年までセレクトショップBEAMSのディレクターとして長く活躍し、現在の民藝ブームに大きな役割を果たしてきたテリー・エリス/北村恵子(MOGI Folk Art ディレクター)による、現代のライフスタイルと民藝を融合したインスタレーションも見どころのひとつです。

展覧会情報

会期 2024年7月13日(土)~9月23日(月・休)
開館時間 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週水曜日(ただし8月14日は開館)7月16日(火)、9月17日(火)
観覧料 一般:1,300円(1,000円)、大学生:650円(500円)、一般前売:1,000円
  • 高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
    ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
    ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
    ③各種手帳をお持ちの障がい者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1名につき1人まで無料)
  • 一般前売券の販売は6月16日(日)~7月12日(金)まで。
    【前売券販売所】
    富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ
  • 企画展入場当日に限り、コレクション展もご覧いただけます。
  • 「リピーター割」や「クマ割」を実施中です。
    【リピーター割】
    当館の企画展有料観覧券、使用済み半券3枚をお持ちいただくと、招待券1枚と引き換えいたします。
    ・特典の対象となるのは「デザインあ展」の観覧券からです。(「金曜ロードショーとジブリ展」を除く。)
    ・前売券、団体券、あるいは同じ企画展の半券も有効です。
    ・招待券、あるいは一般券と大学生券の組み合わせは対象となりません。
    【クマ割】
    三沢厚彦さんのクマの彫刻にちなみ、クマのグッズや、クマの絵柄の入ったものを持参、もしくは着用された方への割引です。観覧料:一般1,300円→1,000円 大学生650円→500円
    ※詳しくは1F総合受付でお尋ねください。
  • 美術館の駐車場数は限りがあり、土日・祝日は混雑が予想されます。
    お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用いただくか、満車の際は恐れ入りますが周辺駐車場をご利用下さい。
場所 富山県美術館 展示室2、3、4
主催 富山県美術館、北日本新聞社、北日本放送、朝日新聞社、東映

▼特別協力:日本民藝館
▼協力:静岡市立芹沢銈介美術館、カトーレック
▼協賛:立山科学グループ、トヨタモビリティ富山(五十音順)