展覧会・イベントExhibition & Event

開催中の企画展

森村泰昌のあそぶ美術史
―ほんきであそぶとせかいはかわる―

2020年3月7日(土)~5月10日(日)

本展は、ゲストキュレーターに美術家の森村泰昌氏を迎え、当館のコレクションを使って大胆に構成した企画展です。時系列や技法等に区分する“一般的な”展示ではなく、「普通のコレクション展示は絶対にやらない、思い切った展示を考える。見え方の発想を変える。これらの試みを、〈あそび〉という三文字に込める。」という森村氏の考えのもとに開催します。

展覧会を6つの章―「その1 ひっくりかえす」、「その2 いたずらも たまにはちょっと やるといい」、「その3 みんな ちがっているから おもしろい」、「その4 いしころの こえをきく」、「その5 おおきなうちゅうは ちいさなはこの なかにある」、「その6 ほんきでまねると ほんものになる」―に分け、当館のコレクションと森村氏のセルフポートレイト作品などを大胆な文脈で紹介します。



ご来館の皆様へのお願い

展覧会情報

会期 2020年3月7日(土)~5月10日(日)
開館時間 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 水曜日、5月7日(木)、(ただし、4月23日(木)~5月6日(水)は開館)
観覧料 一般:900円(700円)、大学生:450円(350円)
  • 高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金。
  • 次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
    ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
    ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
    ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
  • 一般前売券の販売は、1月7日(火)~3月6日(金)まで
    【前売券販売所】富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ
  • 企画展入場当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
  • 美術館の駐車場数は限りがあり、土日・祝日は混雑が予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用いただくか、満車の際は、恐れ入りますが周辺駐車場をご利用ください。
  • フライヤーの内容と章立てが諸事情により異なっています。詳しくは展示作品リストを ご覧ください。
場所 2階展示室 2、3、4
主催 富山県美術館、北日本新聞社、チューリップテレビ
協力:モリムラ@ミュージアム

プロフィール

森村泰昌 (もりむら やすまさ) (美術家)

1951年大阪市生まれ。京都市立芸術大学卒業、専攻科修了。1985年にゴッホの自画像に扮したセルフポートレイト写真を発表。以後、一貫して「自画像的作品」をテーマに、美術史上の名画や往年の映画女優、20世紀の偉人等に扮した写真や映像作品を制作。国内外で多数の個展を開催。著作・評論も多数。2011年紫綬褒章受章。