展覧会・イベントExhibition & Event

ワークショップ

【受付は終了しました】空の蜜をめぐって カセットプラントワークショップ

2019年12月14日(土) 13:00~16:00

好評により、定員に達したため、受付を終了しました。 企画展「瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019」展に関連し、加納氏とご交流のある山口啓介氏を講師にお迎えし、ワークショップを開催します!

透明なカセットテープケースに乾燥させた植物を入れ、樹脂を使って封印します。それらを数百個組み合わせて、美術館のガラス壁にタイルのように貼り付けて、植物によるステンドグラスをつくります。
カセットプラントは、インスタレーション作品として12月25日まで館内展示を行います。


12月15日(日)には、TADアート・レクチャー「作品が生まれるとき」と題し、山口啓介氏による講演会を開催します!
詳細はこちら

イベント情報

日時 2019年12月14日(土) 13:00~16:00
場所 3階アトリエ
対象 小学生以上 (小学校3年生以下は保護者同伴)
参加費 無料(定員20名 要事前予約 )
備考
  • ※好評により、定員に達したため、受付を終了しました※申込方法:11月1日(金)より、電話にて先着順。 ①お名前(小学校3年生以下は保護者の方の氏名)
    ②学年 ③電話番号(当日連絡可能な番号) ④お住まい(市町村まで)を、口頭でお伝え願います。
    富山県美術館TEL 076-431-2711(美術館開館日の9:30~18:00)
  • 作品の持ち帰りはできません。返却も行いませんので、ご了承の上ご参加下さい。
  • 植物は乾燥処理された特別な素材を使います。
  • 当日は係員およびスタッフの指示に従ってください。
  • 参加にかかる駐車料金等は自己負担でお願いします(美術館利用の方は、駐車場は2時間無料となります。
    以降30分毎に110円加算されます)。
関連展覧会 瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019
詩人と画家の 出会い 交流 創造

プロフィール

山口啓介(美術家)

1962年生まれ。絵画、彫刻、インスタレーションとさまざまなかたちで作品を制作、国内外の展覧会に参加、発表。1997年ドイツで発案した《カセットプラント》はワークショップとしても展開。2002年西宮市大谷記念美術館、2003年高崎市美術館はじめ美術館等の個展多数。2013年瀬戸内国際芸術祭で香川県男木島に《歩く方舟》設置。近年は 2015年いわき市立美術館、2015-2016年豊田市美術館、2019年広島市現代美術館で三部作的な個展を開催。